【インスタグラム】エクササイズ動画はこちら

これが正しい立ち方なんですね!

crop sportswoman carrying sport mat and bottle of water before exercising
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

ピラティスのレッスンに参加された方から
「これが正しい立ち方なんですね!」
という言葉をお聞きすることが多いです。

もちろん立ち方に絶対的に正しい間違っているなんてものはないんですが、ただ立っているだけで肩が凝ったり腰が痛くなったり足が疲れたりしているのはあまりよろしくないですよね。
痛いところをかばっているうちにどんどん姿勢が崩れて、今までどうやって立っていたのかわからなくなったという方も。

めぐりピラティスでの基本の立ち方は『地面にまっすぐに立つ』

まっすぐ、というのは背筋をピーンと伸ばして立つんじゃなくて、『なるべく重力の影響を受けないように、骨格を地面の上に垂直に置く』みたいな感じ。

くわしくは↓に書いています。

からだが軽くなる『 立ち方』

胸を張らずに腕は肩甲骨からぶら下げます。

この立ち方をすると、(極端な表現になりますが)骨で立っているので余計な筋肉の緊張を生まないのです。


なので肩や腰や背中は張ることがなく、お尻の根元は締まってお腹は引きあがって自然に引っ込む。
立つだけでふくらはぎをパンパンにしていた方は、ふくらはぎが細くなります。
楽に立つことで血液やリンパの流れも良くなるはず。

レッスンの中でも『まっすぐ』の感覚を思い出してもらっています。
カラダの巡りを妨(さまた)げないような立ち方が自然にできるといいですね。

歯磨きをする時、洗い物をする時、買い物でのレジ待ちなど、日常の中で立っている時間は案外多いもの。

『地面にまっすぐ』を時々思い出してみてくださいね。

意識するだけ !【疲れにくいラクな立ち方座り方】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です