意識するだけ !【疲れにくいラクな立ち方座り方】

前回、
『地面に垂直になるように立つと
身体が軽く感じられるところがある
ということをお伝えしました。

「やってみたけれど、よくわからなかった」

という方は
もしかすると姿勢が原因かもしれません。

たとえば
AとBではどちらが軽い状態でしょう?

『骨盤』と『ろっ骨』の位置がずれていると
自分ではまっすぐ立っているようでも
実際には
地面に垂直に立ててはいないのです。

今回は、
『身体が軽くなる』を感じるために必要な
ろっ骨と骨盤の位置について
お伝えしていきます。

ラクで美しい姿勢にも欠かせないものなので
今回も、ぜひやってみてくださいね。

骨盤・ろっ骨・頭

立っている時

バランスよく積み木が重なっている状態をイメージして

足の上に骨盤、その上にろっ骨、
その上に頭を乗せる。

腕はぶらんとぶら下げる。

太ももや腰や背中
首・肩が緊張しているようなら
バランスが崩れているのかも。


緊張がゆるむ位置を探して
そっと置くように乗せてみる。

身体が軽くなるように
ろっ骨や頭の位置を微調整する。

 

 

座っている時

立っている時と同じように
骨盤・ろっ骨・頭の
ラクなポジションを見つけてみる。

 

・・・・・・・・・・・

立ちっぱなし、座りっぱなしで
長時間、同じ姿勢が続くと
知らないうちに、首や腰に負担がかかっています。

ラクなポジションを
意識してみてくださいね。

 

最近は、スマートフォンの使いすぎで
肩や首が凝っている方も多くなっています。

ろっ骨や頭が動きにくいなという方は
肩や胸や背中をゆるめるとよりラクに。

こちらの記事にくわしく書いてます。

姿勢を良くする呼吸ストレッチ【姿勢と呼吸の関係】

2018.09.05

 

・・・・・・・・・・・・

知っているだけで変わる
『からだの3つのルール』は、今回で終りですが
いかがだったでしょうか。

なるべくわかりやすく
書いているつもりですが

身体の感覚は、その人だけのもの。
100人いれば、100の感じ方があります。

やってみた感想や質問、
ここがよくわからない、もっと知りたい等あれば
コメントかメールでいただけたら
とても嬉しいです。

(いただいたコメント・メールは、記事に転載させていただくこともありますのでご了承ください。
非公開の場合は、その旨お知らせください。)

知るだけで変わる ! 【からだの3つのルール】

2018.09.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です