最近『四股(しこ)をしています。

最近のピラティスのレッスンでは、『四股(しこ)』をしています。

そう、お相撲さんがやっている、アレです。

「なんでピラティスで四股 ?」
って思われるかもしれないですね。

が、『四股』っていいんですよ !
股関節が動かしやすくなったり、お尻がプリプリになったり、脚が疲れにくくなったり、下腹が引っ込んだり。
地味な動きの中に、いい効果がいっぱい。


似たような動きでスクワットや足を大きく広げたワイドスクワットというのがありますが、そうじゃなく自然に腰を落としてみてください。

スクワットはキープするとキツイけど、四股はキープがラクです^ ^

ピラティスなどフィットネス系のエクササイズのほとんどは欧米の人が作ったものなので、当たり前ですが欧米人の身体や動きを元にしているのですね。
日本の習慣の中で暮らしている私たちは、靴を脱いだり履いたり、頭を下げたり、しゃがんだり、かがんだり、というような動作を欧米の人よりもずっと沢山しています。

ピラティスなどフィットネス系のエクササイズは欧米の人が作ったものが多いの
で、生活様式も習慣も違う日本人がそのまま取り入れるのはなかなか難しいなーと、思っています。

日本で暮らす私たちには、私たちに合った動きというものがあるはずなんですよね。

ということで、『四股』。

日常生活ではしゃがんだり立ったりという動作を結構していると思いますが、四股をラクにできるようになるとしゃがんだり立ったりという動きもラクになります。
足腰を強化して下半身が安定すると肩の力も抜けやすい。
全体のバランスが整う感じがします。

四股をラクにやってみることで、何か変化があるかもです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です