開脚するといいことあるの?【オススメする5つの理由】

「バレエや何かしてる人は関係があるだろうけど
普通の人で『開脚が出来る!』ってなんかあるんでしょうか?

開脚って、いったい何がそんなにいいの?

ですよねー。
ちょっと前まで、私もそう思ってました。

開脚する前までは…。

と、いうことで。
今日は、そんなあなたのために、『開脚するとこんないいことあるよ ! ベスト5 ! (順不同) 』を、お届けしていきます。

1 姿勢が良くなる

骨盤周りのゆがみを調整して本来の状態に戻し、関節の動きをよみがえらせることで、股関節周り、脚の筋肉のねじれ・ゆがみが修正されます。

その結果、姿勢が良くなるので、姿勢不良からくる、首こり肩こり・背中や腰の張り・腰痛が改善されます。

脚のねじれがとれることで、太ももの筋肉のつき方のアンバランスが整う・O脚の改善にもつながります。

骨盤が立つようになるので、今まであぐらをかくと、後ろにひっくりかえりそうになってつらかった方も、ラクに座れるように。

「骨盤を立てて座るだけで、こんなに気持ちよかったんですね」
と、いう感想もいただいてます。

2 お尻がプリッとなる

いわゆる『骨盤が締まる』状態になるので、広がっていたお尻がキュッと真ん中に集まって、お尻がプリッとなります。

個人差はありますが、ほとんどの方が、セッション中に実感されるようです。

キュッとお尻を締めて筋肉を固くしなくても、勝手にお尻が真ん中に集まるのですね。

何度か繰り返していただくと(セルフケアもお伝えします)、その状態が身体に定着しますので、日常で普通に立ったり歩いたりするだけで、お尻が使われるようになり、お尻の形が変わっていきます。

3 ウェストが細くなる

この開脚方法は、ハラ(丹田・たんでん)の力を使うものです。

なので、ハラの力がよみがえって、上半身を支えられるようになるので、つぶれていたお腹が伸びて、ウェストが細くなります。

セッションの直後に、変化を感じられる方も多いです。(もちろん、お肉がどこかに行くわけではなく、骨盤と肋骨の間が伸びることで、つぶれていたお腹の肉が上下に伸びた結果です。)

この状態を身体に定着させることで、適切に腹筋が使われるので、自然にお腹まわりはスッキリします。

4 股関節がラクになる

姿勢不良や身体の使いグセや、老化や体力が落ちることで、股関節周りに痛みを感じたり、音がしたり、不調を感じる人が多くなっています。

気づかないうちに、太ももの前側や前外側を緊張させて、立ったり歩いたりしていないでしょうか?

タイトスカートを履いた時、前側や前外側がパンパンになってしまうのが、このタイプの方です。
『股関節がつまった感じ』にもなりやすいので要注意。

[kanren postid=”1329″]

開脚で、脚の使い方を修正し、ハラの力を取り戻すことで、筋肉のバランスが整い、股関節周りの動きも変化します。

股関節周りがスムーズに動くようになるので、立ち上がったり、階段の上り下りがラクになります。

「長時間歩いても脚が疲れなくなった」
「歩くのが楽しくなった」
という声をいただいています。

5 五感が冴える

骨盤の後ろ側、ちょうどお尻の真ん中辺りに『仙骨(せんこつ)』という骨があります。

開脚することで、『仙骨』が動き出すと、その小さな動きが背骨から頭蓋骨に伝わります。

背骨につながっている骨盤の中心に『仙骨』。
背骨につながっている頭蓋骨の『蝶形骨(ちょうけいこつ)』。

立ったり歩いたりすることで、骨盤の『仙骨』が振動すると、頭蓋骨につながってる『蝶形骨』が振動するのですね。

この『蝶形骨』は、頭蓋骨のすべての骨と接している骨なのでこの骨が振動することで、脳にも影響を与えます。

仙骨と蝶形骨については、色んな説がありますので、興味があれば調べてみてください。
面白いですよー。

脳に与える影響は大きいようです。
→『蝶形骨を動かすことは天才への招待状』(Tanaakkさんのブログ)

 

人間が本来持っている身体の可能性を開くには、沢山の方法があります。

その方法の一つとしての『開脚』。

気になる方は、ぜひ体験してみてくださいね。
→『カラダが変わる開脚セッション』

[kanren postid=”3911″]

[kanren postid=”3838″]

関連記事

  1. 開脚セッション before & after

  2. 開脚セッションbefore&after Hさん

  3. 開脚セッション before&after Yさん

  4. 【開脚の効果】開脚でハラが決まりました。

  5. 開脚 before&after

  6. 開脚 before&after ゆかりさん

  7. 開脚セッションbefore&after HさんMさん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。