甘いもの依存から抜け出す

「ダイエットしているのに
ついつい甘いものを食べてしまう」。

女性に多い悩みです。

「今日はつらいことがあったから」
と言っては食べ
「いつも頑張ってるごほうび」
と言っては食べ。

何かと理由をつけて
甘いものを食べようとしてないですか?

よくあるのが
「○キロ痩せたらケーキを食べる」。

痩せたご褒美(ほうび)が太るものって
そもそもおかしいですよね。

いったいどうなりたいのか意味がわかりません。

ええ。過去の私がそうでした。笑

甘いものが欲しくなるメカニズム

甘いものを食べると
脳内にはドーパミン、セロトニン、エンドルフィン、という快楽物質が出るそうです。

『幸せを感じる麻薬』のようなものです。

甘いものを食べるとなんだかホッとしたり
リラックスするような感じがするのは
そのためなのですね。

リラックスは大歓迎ですが
困ったことに
その脳内麻薬は依存も生みやすいのです。

『砂糖はドラッグ』という言葉もあります。

甘いものの他に
エンドルフィンの分泌をうながすものは
大麻、モルヒネ、アルコール、セックス、タバコなど。

健康的なものでは
瞑想、マッサージ、スポーツ、リラックスできること。

できるだけ
甘いもの以外でエンドルフィンが分泌できるように
健康的な習慣を身につけたいものですね。

罪悪感は必要ない

すぐに甘いものがやめられるかというと
なかなか、それは難しいでしょう。

それもそのはず
大麻やタバコをやめるのと同じくらい
脳にとっては苦痛なことなのですから。

なので、甘いものがどうしても欲しくなったら
「脳が反応しているんだな」
と、思ってください。

食べてもいいし、食べなくてもいい。
食べることに罪悪感を抱く必要はないのです。

脳は安心したり
幸せ気分に浸りたいだけ、なんです。

砂糖の依存症から抜け出す

甘いもの依存から抜け出すために
私、中平が実行したことを書いておきます。

これが正解という訳ではないので
参考程度にしていただけるといいかなと思います。

①甘いものを買わない
家にあると、つい食べてしまうので買い置きをしない。

②菓子パン・シリアル・チョコレートを食べない
一口食べると止まらなくなる場合が多い。

③コンビニに行かない
コンビニで新商品が並んでいると
つい買いたくなるので。

④パンやケーキは専門店で
食べたい時は、無理に我慢しない。
満足できるものを、その都度買う。

⑤砂糖入りの飲み物を飲まない
空腹に飲むと、血糖値が急上昇して
低血糖の症状(眠気・強い空腹感)が出て
食欲が爆発しやすい。

甘いものがやめられない?『甘いもの依存』になってない?

2016.07.30

ゆるーく習慣を変える

甘いものをやめられない人に必要なのは
意志力でも
我慢でもなく

『脳とカラダの反応』を知ること

食習慣を変えること。

甘いものをストレス解消に使わないこと。
ストレスを解消する、他の手段を見つけること。

思考や行動のパターンを振り返って
できるだけストレスが溜まらないようにすること。

『甘いもの絶対禁止 !』と思うと挫折しやすいので
あくまでゆるーくゆるーく。

無理のないように
できる範囲でやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です