甘いものがやめられない?『甘いもの依存』になってない?

こんにちは、中平です。

私は食事制限をするダイエットは、おすすめしていません。

と、いうのは
私自身がダイエットからの過食に苦しんだから。

そこを抜け出して、
今は、食べたいものを、食べたい時、好きなだけ食べています。

食べたいものを食べても、
満腹になれば食べられなくなる。

書くと当たり前のことですが、
この当たり前の感覚が、うれしい。

過食で悩んでいた頃は、
食べても食べても、お腹がいっぱいにならなかったから。

 

『食べたいものを食べたい時食べる』、
というと「え?大丈夫なの?」という感じですが

カラダの欲求に従うと
沢山食べる日もあれば、そんなに欲しくない日もあって。

一週間くらいのスパンで見れば
トータルでバランスが取れてるんですね。

どうして食事制限をしない方がいいのか

いつも『食べ過ぎないようにしよう』と思うのは、
『私は食べ過ぎる』と思っているから。

『食べ過ぎないように』と意識することで
意識は『食べる』に囚(とら)われていく。

『食べない』という言葉も
『食事制限』という言葉も
『ダイエット』という言葉も

『食べる』という行為を思い浮かべることになります。

『ダイエットしている』ということは、
『食べる』を意識し続けているということ。

ダイエットと食欲に関する実験では

『ダイエットしている人の方が、
していない人よりも
アイスクリームを沢山食べた』

という結果が出たそうです。

 

糖分と脂肪分が満腹でも入るのは

別の実験では、
『甘いものと高脂肪のものは、満腹でも食べてしまう』、
ということもわかったそうです。

デザートは別腹、ですね。

それもそのはず。

私たちは人間は、長い歴史の中で
食べものが手に入らなくて命を落とすことが多かったので

糖分・脂肪という、高カロリーな食べものが手に入った時には、
出来るだけ食べて身体に蓄えておく必要があったのですね。

なので、飢えることのほぼない現代でも、
甘くて油っこいものは、満腹でも食べられるようになっているのです。

恐ろしいですね。苦笑

砂糖と脂肪を一緒にとると、クセになる

そして、糖分と脂肪を同時に摂ると、
ドーパミンが通常よりも大量に出て
依存性が高くなることも、わかっています。

脳はドーパミンが出ると『気持ちいい』と感じるので、
その行動を自発的に行うようになります。

セックス、飲酒、ギャンブル。
快楽に溺れて依存してしまうのも、ドーパミンの働きです。

「バターたっぷりのスウィーツを食べ過ぎちゃった !」
なんていうのは可愛いものですが、
それも度が過ぎると、甘いもの依存に。

食欲は、体調を教えてくれる大切なセンサー。

無理なダイエットで
壊したり狂わせないようにしながら、
美味しいものを美味しくいただく食生活を心がけていきましょう^ ^

甘いもの依存から抜け出す

2017.04.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です