見た目が痩せる方がいいよね

「どうやったら痩せられるのですか?」
「痩せるからだの使い方を教えてください」

そんな質問をいただくことがあります。

本当のこと言っていいですか?

からだの使い方を変えても、ほぼ体重は落ちないんですよね・・・。

あら、がっかりしました?

ただ、締まってきたり、固まってたところがゆるんだり、は、します。
そうすると、体重は変わらなくても、見た目はスッキリして痩せたように見えます。

この痩せ方だと(痩せてないけど)筋肉が落ちていないので、痩せても体力は変わりません。
むしろ、からだが軽くなって動きやすく、徐々にもっとスッキリしてきます。

軽くて動きやすい、スッキリとしたラクなからだ。

そんなからだになるためのポイントは
・呼吸
・軸
・全体のつながり
です。

軸に関しては、昨日も書きましたが、『まっすぐに立つ』、ということが大切なんですよね。
以前の記事でも少し書いています。

[kanren postid=”1615″]

『まっすぐに立つ』、その安定感を感じてみてくださいね。

それぞれについては、またゆっくり書きますね。

 

 

関連記事

  1. 子どもの頃の『しなやかな背骨』を思い出す

  2. 「お腹を締める=いきむ」と思って、恐ろしいことになった話

  3. 【太もも痩せ】④お腹の力で脚を動かす

  4. 膣を締めるトレーニング【骨盤底筋群】

  5. 心地いい動きは『足』から【疲れにくい身体になるために】

  6. からだが軽くなる『 立ち方』

  7. 足の指、靴の中でどうなってる?

  8. 疲れにくいサンダルTeva(テバ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。