呼吸で腰痛ストレッチ

こんにちは、中平です。

「どうしたら腰痛が治りますか?」
と、よく聞かれます。

腰痛の原因は人それぞれで、
姿勢や身体の使い方やストレスが大きく関係しているので
こうすれば治る、という
魔法のような方法は残念ながら存在しないのです…が。

ただ、とっても効果的な『呼吸法』があります。

寝たままでできるカンタンな呼吸法なので
よかったらぜひやってみてください。

腰と背中をストレッチ 呼吸法

①あお向け、ひざを立てる。

腰の下の隙間がなくなるようにゆかに後ろ側を
ベタっとつける。

img_2614

②口から「はぁー」と
ため息のように、
目の前にある鏡を曇(くも)らせるように、息を吐く。

 

③吐き切ったら、自然に鼻から息が入る

背中や腰の後ろまでふくらませるように
息を入れる。

img_2614a

吸った時には、肋骨(ろっこつ)もお腹も横も後ろも
全部が広がる。

胴体が全体的に一回り大きくなる感じ。

背中や腰の後ろに息が入って、床を押す。
骨盤の裏辺りまで息が入っていくイメージ。

息が後ろ側に入ることで
固まった腰や背中が
カラダの内側からストレッチされます。

起き上がった時、
腰や背中がかるーくラクになった感じがしたら
上手く呼吸できています^ ^

深い呼吸をすることでリラックス効果もあります。
慣れてきたら
起きた時と寝る前、3分位やってみましょう。

 

腰痛になりやすい姿勢

腰のつっぱり感は危険信号

老化や疲れでお腹の力が抜けると、上体をお腹で支えられないため
腰の後ろから背中が頑張って支えています。

腰や背中のつっぱり感は、この緊張状態が原因。
20d

さらに長時間、同じ姿勢が続くと
その緊張状態が続いて、筋肉が固まってきます。

固まっているところが動きにくいので
他の筋肉がその部分の変わりに頑張ることになります。

固まりすぎで痛みが出たり
使い過ぎで痛みが出たり。

どちらにしても、緊張をとって
『ゆるめる』ことをしてあげてください。

姿勢と腰痛の関係

日常では、こまめに姿勢を変える

立ちっぱなしや座りっぱなしで
背中や腰に張りを感じたことがあると思いますが
それが長時間続いたり、繰り返されることで
感覚が鈍くなり

固まっている状態が『普通』になってきます。

なので、お行儀悪くても、本当は
こまめに姿勢は変える方が良いのです。

子供は、同じ姿勢でずっと座ってなんていませんよね。
それは生き物として正しい姿なんですね。

 

腰痛があると、運動するにもなかなか勇気が要りますよね。

まずは、呼吸法から始めてみてはいかがでしょう?

慣れたら、日常にも取り入れてみてください。
立ったまま、座ったままでも、できますよー^ ^

 

ゴルフにも野球にも、呼吸が関係してます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です