鳩(はと)のポーズ②【 カポタ・アーサナ】

雑誌などで時々見かける『鳩(はと)のポーズ』を作っていきます。

カラダが固い人は、1つ1つの動きがキツいと思いますし
私のようにカラダが元々柔らかい人にとっては、カンタンに形だけを作ってしまうと、後で痛みや故障につながりやすいやっかいなポーズです。苦笑

一つ一つ関節の動きを確認して、そこにつながっている筋肉で関節をしっかり守りながら動くことで、カラダが固い人もそうでない人も、故障しないようなカラダの使い方を身につけていきましょう。

 

①片脚を後ろに伸ばす


片脚は前でひざを曲げ、もう一方はまっすぐ後ろへ。

後ろの脚は、股関節から遠くに引っぱるように。
(ヒザが内側に向かないように注意)

おへそを背骨の方に引き込んでお腹を締め
手で床を押す力を使いながら、胴体を引き上げる。

 

足の付け根をしっかり伸ばすと、お尻の筋肉がモリッとなる。
→アーチのポーズ②参照

②後ろの脚を遠くに引っぱりながら、ヒザを曲げる

胴体は上に引き上げ続ける。

③背骨を反(そ)らせる

手で床を押す力を使い、胴体を引き上げながら
背中を反(そ)らせる。

反らせるのは、『腰』や『首』じゃなく『背中』

お腹は『腰』が反れないように、引き込んで守る。
『首』は力を抜いてラクにして。

 

ここまできたら、後は腕の動きをつけるだけですね。

④腕を上に伸ばす


骨盤の両サイド~指先まで
つながっていることを感じながら、腕を伸ばす。
→下向きの犬のポーズ②参照

⑤つま先持って完成。


つま先が持てたら、ヒジとヒザで引っぱりあう感じ。
→弓のポーズ⑤参照

応用 首の力を抜いてみる。

 

中平
このポーズは通常のヨガのクラスなどですることはないと思いますが、「どうやってポーズを作るのかな?」という方のために記事にしてみました。
無理しないように、気をつけてくださいね~^ ^

ヨガポーズ集

2016.01.01

弓のポーズ【ダニュラーサナ】

2017.07.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です