鳩(はと)のポーズ【カポタ・アーサナ】

鳩のポーズは二種類あります。
どちらかというと、こちらの方が比較的やりやすいです。

とは言え、このポーズも股関節や背中が固まっていると、かなりキツいと思います^ ^;

無理せず、一つ一つの動きを丁寧(ていねい)に確認しながらポーズを作っていきましょう。

①片足は前、片足は後ろ


それぞれ足首を伸ばしてヒザを曲げる。


前の脚は、外側に
後ろの脚は、内側に回す。


お腹を引き込んで、上半身は上に。
脚は、ヒザから遠くに引っぱっられるように。

ハラ(丹田)を中心に引っぱり合う。

②足を持つ

骨盤から内側に回すようにしながら、足を持つ。


骨盤から内側に回すようにしながら、足を持つ。

③ヒジにひっかける

④手を前でつないで、第一段階の完成

脚は遠くに引っぱる。
脚を抜いて使う感覚→【太もも痩せ】②地面へ着地する足&脚を遠くに 参照

⑤腕を上げて手をつなぐ

骨盤の上から体側を引き上げて、手をつなぐ。

骨盤の上から体側を引き上げて腕が伸びにくいなら→下向きの犬のアーサナ【ダウンドッグ】②参照

⑥視線は斜め上へ

完成ポーズです。

お腹の力で上半身を引き上げたまま、ヒジとヒザは遠くへ。

中平
力の抜けた自分のカラダの重さ、
その心地良さを味わってみてくださいね

難易度が高いもう1つの『鳩のポーズ』はコチラ↓

鳩(はと)のポーズ②【 カポタ・アーサナ】

2017.07.12

ヨガポーズ集

2016.01.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です