ねじった、頭を膝につけるポーズ【パリブリッタ・ジャーヌ・シルシャーサナ】

「こんなのできるワケないよー」
と思っていたヨガのポーズも
ポイントになっている関節や筋肉が動きだすことで
ある日突然、できるようになったりします。

ヨガは
ポーズという形に自分のカラダを合わせ
無理をして、はめ込むことではありません。

どこが動いているのか。
どう動くと窮屈(きゅうくつ)なのか。
どう動くと気持ちが良いのか。

ポイントになってる関節の動きをとらえて
『今ここにある、わたしのカラダ』を
感じてみましょう。

①片足を伸ばして、片足はヒザを曲げる


骨盤を立てて座り
伸ばした足(キツければヒザを曲げる)は
つま先とヒザを天井に向ける。

②伸ばした脚のつま先に手をかける


もう片方の手は、後ろから回して、足の付け根に。
もしくは、お尻の後ろに手をつく。

③骨盤から振り向く

これは、何をしているかというと
股関節を動かしたいのです。


なので、骨盤(みどりの▽)から振り向いて、
股関節が動いているのを感じてみてください。

④胴体を伸ばすように、手を上げる

骨盤の上から指先まで
横のラインが伸びるのを感じられる方向に、手を伸ばす。

ワキが縮んでいたり、腕が上がりにくいと
『伸びる』という感覚が、わかりにくいかも。
まず、伸びが感じられる方向を探してみましょう。

腕の方向が決まったら
手を上げる方のお尻で床を押すようにして
上下に伸びてみましょう。

⑤伸びながらカラダを倒す


気持ちよく伸びるところで、OK。

この動きも、お尻で床を押しながら
上下に引っ張り合うイメージで。

⑥行けそうだったら、つま先持ってみる


完成ポーズ。
ですが、ここまで行く必要はありません。

無理しないようにね^ ^

中平
このポーズは、股関節と背骨が動き、ストレッチ効果もあります。
なので、完成ポーズまで行かないでも
気持ちよさが感じられると思います。

いつも動かないところが動いた時の
気持ちよかったり
スッキリした感じを味わってみましょう。

【股関節のつまりと原因】痛みと違和感はサインです

2016.09.22

 

2 件のコメント

  • 私は赤ちゃんの時に股関節脱臼をして、高校まで1年に一回検診に行くくらいだったんです。
    全体的に体が硬いんですが、ZUMBAを結構やってます。
    仕事も介護をしてるので、関節に負荷がかかることも多いので、最近股関節、腰、膝が痛くなってきました
    何かいいストレッチやポーズがありますでしょうか?

    • 奈津子さん コメントありがとうございます。

      ご質問の内容だけでは、今どんな感じなのかよくわからないので
      正直、お返事しずらいのですが。。。
      介護のお仕事をされているということもあって
      前かがみのような姿勢が多いのでしょうか。

      日常では、できるだけ、重心をハラ(丹田)に落として
      カラダの後ろ側に意識を置いてみるといいんじゃないかと思います。

      あと、腰の後ろに息を入れるだけでも
      背中のハリがやわらぐので、お試しください^ ^
      http://ai-kara.com/youtuu_kokyu/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です