「ずっと我慢してたのに、いったん食べ出したら、食べるのが止まらない」
「食べても食べても、満腹にならない」

ダイエットの反動で、陥(おちい)りやすい『過食』。

あなたにも、経験があるでしょうか。

過食の原因は『体重から来るストレス』?

ダイエット中の過食。

『毎日体重計に乗る』というストレスがきっかけになって、始まる方が多い気がします。

「100gでも減っていて欲しい」
と、些細な数字の変化を気にして、朝晩、体重を量るようになったら、要注意。

と、いうのも、そもそも、1リットルの水を飲めば、1キロ体重は増えます。
当たり前ですね。

なので水を飲んで体重が増えたことは、決して太ったワケではないのですが、毎日体重を量っていると、これを『太った』と感じるようになっていきます。

『目標体重の私はOK』という思考

『太った=体重が増えること』という感覚になってくると、少しでも軽くしようとして、空腹を我慢します。

食事を抜く人も出てきます。
吐いたり、下剤を使い出します。
ええ。過去の私です。

そんな風に、食べないで痩せたり、食べたものを出したりしても、数字さえ、目標体重であれば『自分はOK』だと思うことができる。

それは、ダイエットではなく、もはや、心の病です。

何を食べたらいいの?

じゃあ、何を食べたらいいのか、というと、それは『あなたの食べたいもの』。

あなたの身体に今、その栄養が必要だから、あなたはそれが食べたいのです。

もしかしたら、それはダイエットに、向いてないものかも知れないし、身体に悪いと言われているものかも知れない。
ただ、今のあなたの身体が必要としていることは、確かなのです。

チョコレートが食べたいのは、ポリフェノールが不足しているのかもしれないし、生クリームのケーキが食べたいのは、乳脂肪が必要なのかもしれない。

栄養が欲しいのに、栄養を与えないと、身体は常に飢餓状態です。

“太りたくない”からと、栄養のほとんどない、低カロリー食品やダイエット食品を食べていても、身体は満足することはありません。

「え?ちゃんとビタミンやミネラル入ってるって、パッケージに書いてあるんですけど?」

確かに書かれているかもしれませんが、それは、科学的に作られた単独の栄養素。

自然に育まれた食品は、科学的に合成されたものと違います。

微量でも、様々な栄養素が含まれていることで、他の栄養素、たんぱく質・ビタミン・カルシウム等の吸収を促(うなが)す効果があるとも言われています。

自然に育まれた食品を、食べたい時に、バランスよく食べることで、私たちのからだは自然に栄養のバランスも取っているのですね。

過食は、本能からの欲求

 

過食は、あなたの意志が弱いからではなく、あなたが悪いわけでもないのです。

必要な栄養が含まれているものを食べなかったら、そうなるのは当たり前、という生存本能から来る、生理的な欲求なのです。

必要としている栄養素が入ってくるまで、身体は、満足しません。
もっともっと ! と食べものを欲しがって、だから、あなたは食べ続けてしまう。
自分で止めることができないほどに。

私は過去の経験から、体重にこだわることは、身体に悪影響を与えることの方が多いと思っています。

たまーーに、健康管理のために、乗るくらいで十分じゃないかな。

痩せたいのはどうして?

太っている自分はダメだから。
こんな肉がついている自分はみっともないから。

『今の自分がダメだから 』という理由で痩せようとしているのなら、理想の体重になっても、きっと、色んな理由で自分に×をつけて、責め続ける。

甘いものがやめられない

2016.07.30

だから、今、この瞬間から今の自分に○をつける。

『今の自分をもっと大切にしたい』から、食事や生活習慣を見直す。
毎日の食べることや、暮らしそのものを、大切にする。

自分が理想とする、生き方に近づけていく。

長い人生、バランスを崩す日もあります。
バランスを崩したら、取り戻せばいいだけ。

理想のあなたにふさわしい食生活に、ちょっとずつ、近づけられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です