開脚を開くコツ 痛くない傷めない【股関節の使い方】

こちらの記事は、股関節の動かし方について、無理の無い方法をお伝えするために書いたものです。
現在、有料で提供しております『開脚セッション』の開脚方法とは異なります。

開脚で、太ももの筋肉やスジを傷めたことはないでしょうか?

股関節周りの筋肉が固くなったままで脚を沢山開こうとしても、痛いばかりでなかなか変化は感じられないと思います。

だから、まず、力を抜く。筋肉をゆるめる。

股関節をラクに動かすことを意識すると、その結果、自然に関節の可動域が広がって、無理なく開くようになるはずです。

と、いうことで、今回はカラダに無理のない開脚の方法をお伝えします^ ^

①骨盤起こし、ヒザを立てて座る

骨盤が倒れてしまう方は、ヨガブロックやクッションをお尻の下に入れて、骨盤をできるだけ起こしましょう。

②ヒザを内外にパタパタする


動きは小さくていいので、骨盤がなるべく動かないように、やさしーく。

痛みがあるようなら、脚を開く幅をせばめる。

ポイントは、とにかく力を抜いてラクに。
股関節にすき間が開いて、どんどんスムーズにラクに動くようになるイメージで。
→【太もも痩せ】①ゆるめる&お尻をよみがえらせる 参照

③ヒザを伸ばす


力を抜いてポーンと投げ出す感じ。

④ヒザを伸ばしたまま、内外に


前に後ろに、力を抜いてゆらすように。

ある程度ラクになったら、骨盤を起こしてみましょう。
(骨盤を起こしてひざが曲がったら②に戻る)

これを繰り返しているうちに、徐々に開けるようになってきます。
要は、股関節が動くのに、固くなってジャマをしている筋肉を全部ゆるめていく感じ。

 

骨盤を起こして、ラクにある程度開けるようになったら、ここからは筋肉を使って開いていきましょう。

「どこにも効いてる感じがしないんだけど?」
という方は、それで、正解です。

カラダは、痛みを感じる状態で、ゆるむことはないのです。
なので、どこかが伸びたり、つっぱったり、痛みを感じるのなら、それがなくなるところまで、いったん戻ってみてください。

要は、股関節が動くのに、固くなってジャマをしている筋肉を全部ゆるめていく感じ。
(ダルい感じや、いつも使ってなかったところが動いている感じはOKです)

⑤脚を外に回す

お尻の根元を使って脚の付け根から、外に回していく(ターンアウト・外旋)。
→【太もも痩せ】③お尻&お腹の使い方 参照

上半身を引き上げて、脚は遠くに引っ張るイメージ。

⑥片方ずつ、お尻を持ち上げる

⑦骨盤を倒していく

上半身をお腹で引き上げて、腰と背中は伸ばしながら、骨盤を倒す。
(上半身を床につけようとすると背中が丸くなるので注意)

ここでも、股関節周りに引っかかりを感じたら、パタパタしながら、その都度緊張を取りましょう。

中平
開脚の角度は、その人の骨の形や股関節の状態によって個人差があります。
頑張れば皆が皆、180度開けるワケではありませんので、くれぐれも無理をしないようにしましょう。

痛かったら何かが間違ってると思って、痛くないところまで戻ってくださいね。

ヨガポーズ集

2016.01.01

良い姿勢って疲れると思ってませんか?【良い姿勢の作り方】

2017.07.11

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です