ハーモニー体操ワークショップ【からだの学校in岡山】 

こんにちは、中平です。

先週の金曜日は、『からだの学校in岡山 ハーモニー体操ワークショップ』でした。
12名の方にご参加いただき、とても楽しい時間となりました。

講師のコンラッドさんは、海外でのお仕事も多く、現在は、1年の1/3を海外で過ごされているので、なかなかタイミングが合わず、今回、2年4ヶ月ぶりに岡山に来ていただけたのでした。

ワークショップは、『からだは勝手に反応する』を体験するワークからスタート。

腕、視線、筋肉の緊張、ちょっとした姿勢の変化。
相手の動きに対して、頭で考えていなくても、からだは反応しているという不思議。

そして、『からだは協調して動く』ということを、コンラッドさんが開発した『動く骨格模型』を使った説明を聞いたり、実際に腹筋運動をしたりしながら、確認していきました。

動く骨格模型 Ninja Anatomy

 

そして、ハーモニー体操へ。

ハーモニー体操は、頑張らないでラクに動く体操です。
『頑張ろうとする時、からだには何が起きているのか』という説明からのスタートでした。

頑張ろうとするということは、反対側の力が働いているということ。

頑張らないで、気楽に~。

例えば
「トレーニングを頑張らなくちゃ !」
と、思っているということは、『トレーニングをしたくない』という気持ちがあるから。

『トレーニングをしたくない』という気持ちがある状態で、トレーニングをする時。
『トレーニングをやりたいやりたい !』という気持ちで、トレーニングをする時。

やりたくても、やりたくなくても、『やってる』という事実に関しては同じなんだから、どっちでもいいような気もしますが、からだの中では、違うことが起こっているんですね。

「何か新しい動きを身につけようとする時、頑張ると効率が悪いんですよ」
と、コンラッドさんは言われていました。

『頑張らない方が上手くいく 』みたいなことは、マインドの話でもよく聞きますが、同じことなんですね。

 

ご参加くださった皆さん
どうもありがとうございました ~! !

 

ハーモニー体操ホームページ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です