肋骨(ろっこつ)閉じてお腹痩せ !【腹筋エクササイズ】

「お腹の肉をなんとかしたい !」
という方に
オススメの『お腹引き締めエクササイズ』です。

肋骨(ろっこつ)の下の辺りの腹筋が鍛えられると
筋肉のコルセットができるので

お腹が締まるだけじゃなく

姿勢が良くなったり
腰痛が改善したり

ウレシイことがたくさんありますよー^ ^

①まずは、呼吸から


あお向けになって、肋骨(ろっこつ)に触れる。

呼吸は
口からハァーと息を吐いて、鼻から吸う。

・息を吐いた時→肋骨が中心に集まる
・息を吸った時→肋骨がふわっと広がる

呼吸と肋骨の動きが連動していることを
感じてみましょう。

肩や腕がキツければ、手をクロスしてもOK。

②息を吐いて、頭を持ち上げる

できるだけラクな動きで
腹筋を使わないように持ち上げてみましょう。

④腹筋を感じてみる

③のラクな動きを通って
今度は、肩甲骨まで持ち上げてみましょう。

腹筋を使っているのが感じられますか?

視線はお腹へ。
お腹はペタンコになっていることを、確認。

NG   天井を見ない×
(首に負担がかかるため)

⑤頭を支えて

腹筋が感じられたら、頭を支えて④を。

⑥さらにいけそうなら、足を持ちあげる

お腹は、ペタンコのまま。

お腹ペタンコのまま
脚が伸ばせそうなら、伸ばしてみる。

注意 !
お腹はしっかりと引き込んで、ペタンコの状態をキープしましょう。

NG  お腹がモコッとしている×         OK  お腹ペタンコ○

NG  腰や背中の下に大きなすき間ができる×

 

脚の間に、ボールを挟(はさ)んでもOK。

頭を支えて、持ち上げる。

 

応用編 肋骨から上を、左右に


肋骨から持ち上げて、左右に転がしてみましょう。
(骨盤から下は動かないように)

女性には、これはかなりキツイと思います。苦笑

呼吸は、インナーマッスルと大きく関係しているので
息を止めないように
しんどかったらお休みしながら、チャレンジしてみてね。

中平
腹筋のエクササイズで
腰や首が痛くなる場合は
動きが間違っている可能性があります。

お腹がモコっとなったり
腰や背中が大きく床から離れないように
気をつけてみてくださいね。

【太もも痩せ】①ゆるめる&お尻をよみがえらせる

2017.06.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です