【太もも痩せ】④お腹の力で脚を動かす

中平
あ、ランちゃん ! 足細くなったねー
ランちゃん
でしょー? 笑
前回やった腹筋使うトレーニングしてたら、お腹まで締まってきたんですー !
中平
やっぱり、『継続は力なり』だねーー !
じゃ、今回は、今までの動きを使った応用編、やってみる?
ランちゃん
もちろん、もちろん~♡

と、いうことで
今回は、今までインプットしたことを全部使った、応用編です。
もし、キツイと思ったら、キツイ動きの基本に戻ってくださいね。

【太もも痩せ】①ゆるめる&お尻をよみがえらせる

2017.06.30

【太もも痩せ】②地面へ着地する足&脚を遠くに

2017.06.30

【太もも痩せ】③お尻&お腹の使い方

2017.06.30

お腹の力で、スッと爪先(つまさき)立ち

①骨盤を上下して、ヒザを曲げたり伸ばしたり。

足は、やりやすい幅で、ラクーにラクに。
(膝とつま先は、同じ方向)
img_3541b-427x640_rimg_3560b-427x640_r

脚で踏ん張るんじゃなくて
お腹の力で、骨盤が上下移動する感じ。

②そのまま
スッとお腹で引き上げるように、爪先立ちになり
img_3629a-427x640_r

③爪先立ちのまま、股関節を外に回して開く。
(手は、足と同じ動きをしてるだけなので、お気になさらず。)
img_3642-427x640_r

④お尻の根元寄せるようにして、爪先立ちに戻る。
img_3629a-427x640_r

⑤かかとを下ろす。
img_3660-427x640_r

レッスンでは、壁に手をついたり
バレエのバーを支えに使っています。

キツイ動きなので、ゆっくり3~5回でOK。

・ヒザの向きとつま先が同じ方向
・太ももや股関節やヒザが痛くない
・上半身が前に倒れない

回数よりも、正確さを大切に
丁寧(ていねい)に動いてみてね。

ちょっとキツイかもですが
お尻とお腹にしっかり意識が入って
股関節周りのバランスが整うので

基本をマスターしたら
ぜひチャレンジしてみてくださいね^ ^

あなたのカラダに意識を向けてあげられるのはあなただけ

お腹とお尻が働くようになると
脚だけで頑張る必要はないので
脚がどんどんラクに軽く、疲れにくくなります。

身体は、全体でバランスをとっているので
意識が入りにくい筋肉があると
その部分の動きを補うために
他の部分が頑張らなくちゃいけないのですね。

・肩が凝る
・背中が痛い
・腰が痛い
というような症状も

もしかしたら、きちんと動いていない部分の負担を
違うところが、頑張り過ぎたためかもしれません。

頑張り過ぎて、常に緊張している場所を
マッサージや整体などでゆるめてもらうのは
気持ちいいけれど

せっかくゆるんだその場所も
動きにくい場所がそのままだと
また頑張って使うことになります。

マッサージや整体の人は、ゆるめることは出来ても

意識の入りにくいところに
意識を向けてあげられるのは
適切な動きにクセづけてあげられるのは

あなただけ、なんです。

中平
わざわざ運動する時間をとらなくても
意識を向けるだけなら、
日常の中で、お布団の中でも台所でもレジ待ちでも
いつでもどこでも、出来ますよね。

今回、ご紹介した動きで
気になったものがありましたら
どうぞ、時々思い出してやってみてくださいね^ ^

膣を締めるトレーニング【骨盤底筋群】

2017.06.29

良い姿勢の作り方~青竹のようなしなやかな体軸を作る

2016.11.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です