足の指、靴の中でどうなってる?

立っている時に、指が浮いたり、指がグッと握りこんだり、していませんか?

昨年の秋くらいから、ピラティスの始めに『足の指を動かす』ことをしていただいてます。

足をグーにしたりパーにしたり。
足指を握りながら、前に進んだり。

足の指が足の甲のあたりまで動くことで、足の裏の筋肉がしっかり働きます。

足裏の筋肉の動きを取り戻すことで、足の裏はフワッと猫の肉球のようなクッションが出来た感じに。

踏ん張らないでも、安定した状態で、立つことができます。

『立つ』、『歩く』ことは、日常で当たり前にしている動き。

けれど、普段、靴の中で動かすことのない足の指が動かなくなってくると、その当たり前の動きも、気づかないうちに、少しずつ変化しているのですね。

「脚が疲れやすくなった」
「姿勢が悪くなった」

それは、もしかしたら、足の指の動きが原因かもしれません。

からだ全体が、ラクに元気になるには、それぞれの部分が、本来の動きを取り戻して、連携・つながりがスムーズにいくことが必要です。

それぞれの部分が適切に動いてつながると、自然に、からだは、疲れにくくラクになるんですね。

 

【太もも痩せ】②地面へ着地する足&脚を遠くに

2017.06.30

『立つ』ということに関して、近いうちに記事にまとめたいと思ってますが、最近またパソコンの時間が増えすぎたのか、右手首を少々いためております。
部分と全体、の、指ばっかり動かしてる状態。
対策を考えようと思います…。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です