呼吸と見た目痩せ

トップ画像、私なのですが、何年か前の画像なので、かなり荒くてすみません・・・。

と、いうことで、昨日の続きです。

見た目が痩せるには、
・呼吸
・軸
・全体のつながり
と、書きましたが、今日は、そのうちの 『呼吸と見た目痩せ』について。

息を吸ったり吐いたり、呼吸がうまくできていない人が増えているようです。
つまり、呼吸が浅い人が多くなっています。

で、呼吸が浅い人は、呼吸を深くしようとして、『空気をいっぱい吸おう』とします。

でも、息は『吐く』方が先。

いっぱい吐くから、いっぱい吸える。

だから、吐く、吐く、吐く。
もうこれ以上、息を吐けないわ、というところまで吐く。

そうすると、自然といっぱい空気が入ってくる(吸える)ようになります。

しっかり吐くことを繰り返すことで、肋骨(ろっこつ)の内側、下の方についている横隔膜(おうかくまく)が働くようになって、自然に深い呼吸ができるようになります。

横隔膜が働き出すと、いわゆる『肋骨が開いている』のが閉じてくるので、胸・アンダーバストのあたりがスッキリとします。


違いがおわかりいただけるでしょうか?

 

「肋骨がパカっと開いて、どうしたら閉じるのかわからない」

と、言う方も、呼吸で変わると思いますので、しっかり息を吐いてみてくださいね。

はじめは、横隔膜の動きをからだが思い出すまで、ちょっとやりにくいと思いますが、肋骨が開き気味の方は、呼吸だけで、見た目がかなりスッキリするので、ぜひ、ためしてみてくださいね^ ^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です